キノリンイエローフリーなフィンペシアはどこで購入できる?癌の副作用が怖い。

キノリンイエローフリーなフィンペシアはどこで購入できる?癌の副作用が怖い。

キノリンイエローフリーなフィンペシアはどこで購入できる?癌の副作用が怖い。

 

インドの製薬会社が製造販売を行っているフィンペシアはインターネットの中に在る通販薬局で購入が出来る医薬品で、通販薬局の中でも個人輸入代行店を利用する事で入手が可能です。
因みに、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品と言ったイメージを持たれる人も多いのですが、プロペシアの特許は現在切れていないため、プロペシアの製造販売を行っている製薬会社と契約を結ばなければジェネリック医薬品の製造は出来ません。

 

インドには医薬品の特許制度が無いため、プロペシアの製造元との契約を交わさなくてもコピー品を製造することが出来ます。
また、ジェネリック医薬品は政府の承認を得ることが必要であり、承認を得る事で安心して使うことが出来るようになります。

 

更に、フィンペシアの中にはキノリンイエローと呼ばれている着色料が利用されているものがあり、キノリンイエローは発癌性物質であることからも、体内に取り込まれる事で癌の副作用も懸念されるなどのデメリットもあります。
因みにキノリンイエローは錠剤のコーティング剤として利用されているもので、入手国によりキノリンイエローフリーと呼ばれているフィンペシアを購入することが出来ます。
これは個人輸入代行店がキノリンイエローフリーと称して販売しているものを選ぶことで癌などの副作用の心配がないフィンペシアを入手することが出来ると言う事です。

 

但し、この医薬品は国が承認を得ているものはないため、自己判断の下で利用するようにしなければなりません。